DSで1200億円・ジャンルはいろいろゲームニュースのお知らせブログです。管理人の突っ込みも有り。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DSで1200億円


任天堂は1月10日、平成19年3月期の連結業績を大幅に上方修正すると発表した。携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」が、本体だけでなくゲームソフトの販売も絶好調なためで、売上高は昨年10月に発表した前回予想から1600億円も積み上がり9000億円になるとした。最終利益も200億円の上乗せで1200億円になるとしている。配当も、前回予想の年400円から80円上乗せし年480円とする。任天堂が業績を上方修正するのは今期3回目。

どこまで売れるんですかね~。実際今もまだ品薄状態が続いてるDS。ソフトのジャンルも様々で今までの子供のするものという感覚はなくなってしまいました。これからもまだまだ売れ続けるのではないでしょうか??

DS本体は、現在も店頭で品薄状態が続くほどの人気。国内だけでなく欧州や米国など海外市場でも好調だ。全世界での販売台数の予想は、前回は年2000万台としていたが、今回、2300万台になるとした。ソフトの販売数も、年8200本を予測していたが、1億本に達すると修正。
 昨年12月に発売し売れ行きが好調な新型ゲーム機「Wii(ウィー)」については、ゲームソフトの販売予想は400万本増の2100万台に上方修正したが、本体は従来予想の600万台に据え置いた。
 ただ、会見した岩田聡社長は「(Wii本体は)今のペースでは足りないのは明らか。増産の手はずも取っている。それが寄与するのは来期から」とし、「来期(20年3月期の売上高は)1兆円を頭に置き、目指していきたい」と胸を張った。
 今回予想した売上高9000億円は、前期の業績と比較すると76・7%増にも及ぶ。予想最終利益の1200億円は、前期比で22・0%増。ともに、過去最高を更新することになり、まさにDSさまさま-。(引用 iza)
スポンサーサイト
Copyright © ゲームニュースはまかせなさい!! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。