ファミコンソフトが250万??・ジャンルはいろいろゲームニュースのお知らせブログです。管理人の突っ込みも有り。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファミコンソフトが250万??


かつて任天堂が出したファミコン用ソフトの中で「Nintendo World Championships 1990」というのが現時点では最もレアなカセットだそうです。

やはり、どの業界のものもレア物は値がはるんですね~。ファミコンのソフトに250万とは!!
世界に26本ですか~。今残ってるものはもっと少なそうですよね。
持ってたら迷わず売るなぁ(笑)
それにしても大会用に作られたそうですが、どれも難易度高そうですね~。あたしじゃぁ話にならなさそう^^;
ま。ゲームは楽しむ物ですから。ね^-^

というのも、このゲームソフト自体が全部で116本しか作られていないため。同名の「Nintendo World Championships」という大会においてセミファイナリストに配られたのが90本の灰色のカートリッジ。そして残り26本が黄金のカートリッジで、これは大会優勝者や「Nintendo Power」という雑誌のコンテスト勝者に配られています。

そして、250万円以上の価値をオークションで付けられたのがまさにこの黄金のカートリッジバージョン。世界で26本しかないゲームソフトということになっています。

オークションにまれに出品されることがあり、過去にeBayに出品されたときは5100ドル(約60万円)、つい先日競り落とされたmyebid.comに出品されたときは複数出品中の1つであったわけですが、全部まとめて2万1400ドル(約255万円)でした。

ゲームの中身自体も大会用に作られた特殊なもので、プレイヤーの持ち時間は6分21秒。3つにミニゲームで構成されており、1つめはスーパーマリオブラザーズでコインを50枚集めること。次のミニゲームはRad Racer (ハイウェイスター)で、専用コースを完走します。そして最後はテトリスで、残り時間のすべてを使うことができます。

こうしてそれぞれの得点を以下の式に当てはめて、その合計得点を競ったようです。

(スーパーマリオブラザーズの得点)+(ハイウェイスターのスコア×10)+(テトリスのスコア×20)

戦略的には最後のテトリスでいかに稼ぐか、という点に重きが置かれたようです。(引用 ライブドアニュース)
スポンサーサイト
Copyright © ゲームニュースはまかせなさい!! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。