日本人は脳トレがお好き?・ジャンルはいろいろゲームニュースのお知らせブログです。管理人の突っ込みも有り。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人は脳トレがお好き?


“自分への危機感”でヒット
 携帯ゲーム機ニンテンドーDSが、ずっと売れている。少なくとも東京では入荷、即完売という状態が続く。出荷台数はなんと世界で4000万台、国内も1600万台を突破したというから驚きだ。

いつの間にかゲーム機=携帯機=DSみたいな公式があてはまってる気がします。
脳トレブームからはじまった携帯ゲーム機。どこまでいくんでしょうかね~^^
最近では、ゲームじゃないソフトまでバンバン出てますが、その反面純粋なゲームが少なくなってる気がするのはあたしだけでしょうか??
 国内でのDSヒットの牽引(けんいん)役となったのは、任天堂の「脳を鍛える大人のDSトレーニング」。略して「脳トレ」。ゲーム世代のみならず、おじちゃんもおばちゃんも、みんな買って楽しんだ。1億総…とまでは言わなくても、日本中で脳を鍛えているという状況は面白い。
 しかし「脳を鍛えたい」と思っている人が、それほど多くいるとは思えない。潜在的な需要はあったと思うが、それを「何か」が呼び覚ましたのだ。そのヒットの要因に、日本人の国民性--もしかしたら、人間の性(さが)まで、見えてくるように思える。
 「脳トレ」の登場に、日本国中が飛びついた理由は「脳年齢」という、「新しい単位」の発明ではないだろうか。「新しい単位」の登場に僕らは弱い。「あなたの脳年齢いくつですか?」と突然聞いたこともない単位を突きつけられ、興味を持たない人は少ない。松嶋菜々子の脳年齢が52歳というCMを見て誰もが驚いた。そして慌てた。「脳年齢って? じゃあいったい、自分はいくつなんだろう?」と。
 数年前に、体脂肪計のヒットがあったが、それに根源は似ているように思える。「体脂肪」なんて、それまでは誰も気にしていなかった。知能指数のIQや、「何星人」なんていう占いも、同じようなものだ。誰もが、自分を計る新しい単位に興味がある。そして誰でも、自分のことをもっともっと知りたいのだ。(ゲームクリエイター・飯野賢治)(引用 iza!)
スポンサーサイト
Copyright © ゲームニュースはまかせなさい!! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。